”眉育”について記事監修させていただきました

ライスフォース belta piu

是非リンクより記事をご覧ください。

自粛期間中に眉育生活始めてみませんか?

私自身昔は眉毛がすごーく薄かったのですが、眉毛濃くなったんです!EVOKE BROWSなど美容液を使っているのもあるかもしれませんが、眉毛を抜いたり(デザインするための無駄毛は別!)、適当に扱うのをやめました。

記事監修で気をつけていること

記事監修のお仕事は以前も何度かご依頼いただいたことがあります。

監修で気をつけていることは、正しい情報、事実に裏付けされた情報を提供することです。

当たり前!

と言われそうですが、プロと呼ばれる人でも、きちんと自分で調べずに情報を出している人が本当に多いんです。

SNSで見た情報、専門家でもない知り合いから聞いた情報をそのまま出している人をたくさん見てきました。

記事監修を依頼してくださるのは、この人の情報は間違いないだろう。と信頼してくださってのことです。

もちろん記事監修だけでなく、仕事を依頼してくださるのは信頼以外なにものでもないんですよね。

既に知っている内容でも、人に何かを伝えるときは専門的な複数のソースをもう一度調べます。

情報は常に新しくなるものなので、自分の知識が古くなっている可能性もあるからです。

もちろん本など情報を得るためにお金もかけます。

繰り返しますが、当たり前のことです。

ありがたいことに取材なども多々受けてきました。

「なんでそんなに取材の話が来るんですか?」

と聞かれたことがあります。

またいつかこのテーマについては書こうと思いますが、どんな仕事も信頼を裏切らないように、できることは全力でやる。

当たり前のことですね。

著者紹介

International Makeup Association認定メイクアップアーティスト/日本眉毛エクステンション協会代表理事
TOMOKO
NY、ロンドン、パリに留学。日本の眉毛エクステの第一人者として、NHK, AbemaTVなどメディア出演多数。世界初の眉毛エクステ専用コスメEVOKE BROWSはじめ、眉毛エクステ専用商材を国産化粧品として開発。眉のアドバイザー資格アイブロウマイスター監修、つけ眉毛技術W BROW/ノンケミカルブロウラミネーション技術発明。美肌化粧品開発事業も行う。美容師免許、調理師免許保有。サイアートパーソナルカラーアナリスト。

当サイトに掲載されている全ての記事・写真の無断転載を禁じます。