仕上がり眉デザインの確認

上:before 左:眉デザイン  右:ワックス&眉エク後

眉毛がないところは自由に描けばいいのですが、余分な毛を抜くときはさて、どうしたらよいのか。
毛が濃いお客様だと、描いたとしてもどこからどこまでを抜くべきか判断が難しい。
もっとも困ることがお客様自身が仕上がりをイメージできないということです。

抜いた後に、えー?こんなに細くなっちゃったの?なんて言われてしまっては困りますよね。
そこで活躍するのがコンシーラー
しっかり眉毛を塗りつぶすことで完成イメージを共有できます。
これは眉ワックス脱毛だけでなく、メイクにも活かせるテクニックです。


眉が描きにくい方、ムダ毛をどこまで処理したらいいのか、是非コンシーラーで枠取りをしてみてくださいビックリマーク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

著者

TOMOKOのアバター TOMOKO International Makeup Association認定 メイクアップアーティスト (社)ジャパンブロウアーティスト協会代表理事

NY、ロンドン、パリに留学。
日本の眉毛エクステの第一人者として、NHK, AbemaTVなどメディア出演多数。
世界初の眉毛エクステ専用コスメEVOKE BROWSはじめ、眉毛エクステ専用商材を国産化粧品として開発。
眉のアドバイザー資格アイブロウマイスター監修、つけ眉毛技術W BROW/ノンケミカルブロウラミネーション技術発明。
美肌化粧品開発事業も行う。
美容師免許、調理師免許保有。
サイアートパーソナルカラーアナリスト。

目次
閉じる