眉毛の毛流れ

初めてロンドンで眉毛エクステを学び体験したときの写真
上のクラスメイトと下の自分の眉毛、何でこんなに違うの?と驚きました。
クラスメイトの彼女、ほとんどエクステ付けてないんです。来たときからこの状態。

外国人と日本人の顔の特徴の違いは、メイク学校でこれでもかというほど感じていたけれど、眉毛の長さや毛流れをここまで意識したのは初めてでした。
ただ単にエクステを付けるのではなく、毛流れを整えることがより自然に美しくなるのだと理解。
毎日自分の眉毛で毛流れの研究を始めました。

当協会で学んだ人は、眉エクの施術写真がとても綺麗
それが評判を生み、眉毛エクステが一気に広がりました。

美しい毛流れに必要なのは、方向、エクステの質、形状、長さ、太さ、部分的な装着法、そしてデザイン。
イチローさんも仰っていましたが、全てがひとつひとつの小さな積み重ねです。
まだまだもっともっと‼️

著者紹介

International Makeup Association認定メイクアップアーティスト/日本眉毛エクステンション協会代表理事
TOMOKO
NY、ロンドン、パリに留学。日本の眉毛エクステの第一人者として、NHK, AbemaTVなどメディア出演多数。世界初の眉毛エクステ専用コスメEVOKE BROWSはじめ、眉毛エクステ専用商材を国産化粧品として開発。眉のアドバイザー資格アイブロウマイスター監修、つけ眉毛技術W BROW/ノンケミカルブロウラミネーション技術発明。美肌化粧品開発事業も行う。美容師免許、調理師免許保有。サイアートパーソナルカラーアナリスト。

当サイトに掲載されている全ての記事・写真の無断転載を禁じます。