眉の左右差


筋肉の動かし方が左右で違うから左右差は当たり前です。


年齢を重ねていれば自然なことひらめき電球


左右差をなくそうと思って眉を触ることはなく、こうしたらもっと素敵になるだろうなと思って描くと結果的に整います。


同じじゃない?


と思う人もいるかもしれません。


一見同じに見えても、目的が違えば本質はまるで違うと思うのです。


いろんな方法論があっていいと思います。


お客様に説明するとき、左右対称の眉の描き方を説明するときもあります。リクエストが多いから。


でも、私個人として、人の顔を見て左右対称にしようという発想は全くないんです。


“顔ニモマケズ”を読んだら余計、そう思わないでメイクの仕事をしてきた自分が間違ってないと思えました。


右差し左右差が気になる人は、姿勢を一番に気をつけてみてください。
右差し眉頭、眉山、眉尻どこが一番左右で違うのかを見つけて右と左で足したり描かないようにしてみる。


どうしても難しい方はこちらにお越しください

そしてこの眉のヒミツは‼️

眉尻がつけ眉毛NEW
取り外しできちゃう眉エクW BROW
3月18日NHKあさイチで放送されます❗️

著者紹介

International Makeup Association認定メイクアップアーティスト/日本眉毛エクステンション協会代表理事
TOMOKO
NY、ロンドン、パリに留学。日本の眉毛エクステの第一人者として、NHK, AbemaTVなどメディア出演多数。世界初の眉毛エクステ専用コスメEVOKE BROWSはじめ、眉毛エクステ専用商材を国産化粧品として開発。眉のアドバイザー資格アイブロウマイスター監修、つけ眉毛技術W BROW/ノンケミカルブロウラミネーション技術発明。美肌化粧品開発事業も行う。美容師免許、調理師免許保有。サイアートパーソナルカラーアナリスト。

当サイトに掲載されている全ての記事・写真の無断転載を禁じます。