眉デザイン講座

 画像は何年も前、メイクレッスンにお越しいただいたお客様です。

 眉の左右差でお悩みの方、とても多いですよね。 

メイクアップアーティストで、”眉を左右対称にしよう!”なんて発想の人はいないと思います。 バランスを整える作業をすると写真のようになります。 

というのも、美は”シンメトリー”だから。 左右対称に対して、人は美しいと感じるんですね。

ちょっとバランスがズレると違和感を覚える。 

でも、その違和感が魅力だったりするのです。

 以前、顔に蜘蛛の巣のようにマーキングするメイクアップアーティストの方が話題になりました。

”シンメトリーの美”をてっとり早くお客様に伝える方法だと思います。

 眉を左右対称にしたかったら定規を使えばいいんです。 

ただ、それだけじゃない個性があるから人は一人ひとり違う魅力があるのだと、多くの人をメイクしてきて感じました。

 いろんな技術や方法があります。

 お客様に伝えるとき、何が必要で何を大切にするのか。

これもまた、施術者の個性です。

 講習は、レッスンとして一般のお客様も受講していただけます。 眉だけでも変わるけど、顔全体を知るともっと変わる。 

著者紹介

International Makeup Association認定メイクアップアーティスト/日本眉毛エクステンション協会代表理事
TOMOKO
NY、ロンドン、パリに留学。日本の眉毛エクステの第一人者として、NHK, AbemaTVなどメディア出演多数。世界初の眉毛エクステ専用コスメEVOKE BROWSはじめ、眉毛エクステ専用商材を国産化粧品として開発。眉のアドバイザー資格アイブロウマイスター監修、つけ眉毛技術W BROW/ノンケミカルブロウラミネーション技術発明。美肌化粧品開発事業も行う。美容師免許、調理師免許保有。サイアートパーソナルカラーアナリスト。

当サイトに掲載されている全ての記事・写真の無断転載を禁じます。