眉は女の人生か?オードリー・ヘップバーンに見る眉の歴史

10代
少女時代

幼い頃から美貌の面影。

20代 ローマの休日より

ストレートでありながら眉尻に向かって細くなるこの眉型は、素直さ、若々しさ、上品さを兼ね備えた正に若きプリンセスにピッタリの形。劇中のショートヘアと共にオードリーヘップバーンのアイコンに。

20代

ローマの休日の後に大ヒットした『麗しのサブリナ』での眉。
ストレート&アングル&そしてカーブが入るアイコニックな眉型。
強さと自信がみなぎる印象を与えます。

30代

20世紀で最も有名と呼ばれる『ティファニーで朝食を』のブラックドレス。
マイフェアレディのスタイルも負けず劣らず、オードリーヘップバーンのファッションアイコンとしてのイメージを決定づけました。
角度によて見え方は違っても、眉は角度が強いアングルへと移行していきます。

アングルは欧米人の女性に人気の眉型で、顔をキュッと引き上げてくれる形。
ドレススタイルに合わせると美人度を上げてくれます。

40代

30代までに一世を風靡したいくつもの作品に出演し、家庭生活を優先するために活動を控えた時期の40代。上品さはそのままに、アングルの角度が強く、そして多くの女性がそうであるように、年齢と共に長め眉になっています。

50代

50代で出演した映画 “they all laughed”(日本未公開)

女性は年齢と共に眉を細く長く描く傾向があります。

欧米人女性はこれに加え、角度をつけてちょっと凹みを加えることも。この頃には表情筋の左右差も出てきています。

40代後半〜50代前半までは過去のイメージとはすっかり変わり、顔には苦労が、ファッションは迷走気味なのが現れています。

どちらも63歳で亡くなられる数年前の写真。

50代の彼女とは別人のよう(50代だけ別人のよう!)な本来のオードリー・ヘップバーンに戻りました。
慈善活動をライフワークにした頃から穏やかな顔つきに。

若い頃の”眉が主張している”顔に比べ、年齢と共に眉が細くなっていることが顕著です。

若返り整形がスタンダードなハリウッド女優の中で、ありのままの姿を通したオードリー。

外見的な美しさで言えば、どんな絶世の美女でも若さには叶いません。

でもこうしてみると、年齢と共に刻まれたシワも、晩年の穏やかな顔つきも彼女の品が滲み出ているようです。

私たちは、つい自分と人を比べてしまいがちです。

本来比べるべきは他人ではなく、過去の自分。

年齢を重ねるごとに誤魔化しが効かなくなります。

過去の自分よりも”良い顔”でいたいものです。

著者紹介

International Makeup Association認定メイクアップアーティスト/日本眉毛エクステンション協会代表理事
TOMOKO
NY、ロンドン、パリに留学。日本の眉毛エクステの第一人者として、NHK, AbemaTVなどメディア出演多数。世界初の眉毛エクステ専用コスメEVOKE BROWSはじめ、眉毛エクステ専用商材を国産化粧品として開発。眉のアドバイザー資格アイブロウマイスター監修、つけ眉毛技術W BROW/ノンケミカルブロウラミネーション技術発明。美肌化粧品開発事業も行う。美容師免許、調理師免許保有。サイアートパーソナルカラーアナリスト。

当サイトに掲載されている全ての記事・写真の無断転載を禁じます。